2016年5月3日火曜日

Give them not only foods but a home


I criticize for feeding to stray cats. However, the person who could give a home to a homeless cat easily than anyone else is who has been feeding. The stray cats depend on humans who feed them. Unfortunately, as long as they continue to feed, another person would be difficult to close the cat.
Even if that the person is truly a cat lover.

I have recommended them several times to pick up the stray cat from the alley and keep it in their house. But their answer was always, “No.” They said, “My husband hates a cat.” “It is odd that there is no cat in the town.” “These cats are already my children, even though they are out.” The most probable answer was, “I don't think so. It's just a stray cat.”

It is not fewer people who think that house cat means selling stuff in a pet store with a pedigree paper and stray cat means no worth to sell. They assume a house cat and a stray cat are different species. My explanation, “A cat is a cat. People call a cat in different words such as a house cat, a stray cat, a community cat, but they are all the same species,” would be laughed.

Once in a town, I met a stray cat whose foreleg broken. I guessed the cat had been given foods from a bar. I knocked on the door. Then I asked the owner if he wanted to cure the cat. I intended to offer that I would pay for half of the treatment cost. But when he heard the word ‘cure,’ he immediately spread displeased look in his face. “I only feed,” he said. “It's a stray cat. That's none of my business. And I've got to set about preparing right now!”

My conversations with people who feed stray cats give me insight. Currently, I think decreasing the people who feed stray cats is the first step to help to reduce homeless cat tragedies. They are almost middle-aged or elderly. If the next generation doesn't feed stray cats in outdoors thoughtlessly and welcome a stray cat as their family member, miserable stray cats will be less and less.

Regarding a cat as a family member might be laughed and criticized as anthropomorphism. But I think that if we humans have no sense of anthropomorphism, we have no love for everything.


This photo was taken on 20 August 2013, Tokyo, Japan. ©Naoto Shinkai

餌だけでなく家を与えてほしい


僕は餌やり行為に対して批判的だが、実を言えば、野良猫(ホームレス・キャット)に他の誰より容易に家(ホーム)を与えられるのは、餌やり人である。何と言っても、猫たちは彼らを頼りにしているのである。逆に言えば、餌やり人以外は警戒されるため、猫に近づくこと自体が難しい場合が多い。餌やりの弊害には、餌やり人より以上にその猫を愛せる人が近づけない状況を作っている、という点もある。

僕は何度か彼らに、猫を路上から拾って家で飼うよう勧めたことがある。しかし彼らの返事は決まって「無理だ」というものだった。彼らはこんなふうに言う――「夫が猫嫌いだから」「町に動物の姿がないのは変だ」「外にいようと、この猫たちはうちの子」。 最もありがちな返答は「飼わないよ。だって、野良猫だから」というものだった。

家猫はペットショップで売っている血統書付きの動物で、野良猫は売る価値のない動物だと考える人は少なくない。家猫と野良猫は違う種だと思い込んでいるのだ。僕が「猫は猫ですよ。みなさん、猫のことを家猫と言ったり、野良猫と言ったり、地域猫と言ったりするけれど、みんな同じ種類の猫なんです」と説明すると、苦笑いをされた。

以前ある街で、前脚の折れている野良猫に出会った。周囲の状況から、その猫はあるバーから餌をもらっていると推察できた。ドアをノックしてその店の主人に会い、猫の怪我を治療する気はありませんか、と尋ねた。僕は、治療費の半額を負担すると申し出るつもりだった。しかし彼は、治療と聞いた途端に不機嫌さをあらわにし、こう言った。「ただ餌をやってるだけなんでね。野良猫なんだし、自分には関係ないんだよ。じゃあ、もう仕込みをしなくちゃいけないんで!」

何人もの餌やり人たちと会話を交わした経験は、僕にある洞察を与える。それは、残念ながら悲観的なものだ。今では僕は、餌やり人を減らすことが、野良猫の数とその悲劇を減らす第一歩だと考えている。餌やり人はほとんどが中高年である。もし次の世代が安易に餌やり人になろうとせず、野良猫を家族の一員として歓迎するようになれば、可哀想な野良猫はどんどん少なくなるだろう。

猫を家族とみなすことは擬人化だと冷笑され、批判されるかもしれない。けれど僕は、もし私たち人間に擬人化の感覚がなければ、どのようなものに対しても愛など存在しないと考えるのである。


2013年8月20日 東京都内にて撮影 ©Naoto Shinkai

2016年4月27日水曜日

One person rescues one cat


We, ordinary people, tend to leave issues of stray cats to an activist group such as an NPO. I also have asked to rescue stray cats three times for three activist groups in the past. But all of them rejected before I tell the details. However, if you think of it carefully, you will notice it's a wrong idea to expect that an activist group could rescue stray cats without restriction. And it might be a better idea that one person rescues one cat rather than one activist group rescues 100 cats. So we should do what we can do.

I don't recommend to rescue multiple stray cats at a time. Keeping multiple cats could be a more serious problem for cats when the keeper become poor or sick, and when they died. The ideal activity I think of is one person rescues one cat. If this idea and activities spread widely, stray cats would decrease. Though there are so many stray cats, they are less than humans.

Then we, people of Tokyo, come up against an obstacle that 90 percent of apartments in Tokyo prohibit to keep a pet. I don't think it is right to ignore bad rules. Though I broke the rule twice for rescuing fragile lives, a kitten and a sick old cat, I currently have moved to an apartment which one of 10 percent. Our society should shift. There are not fewer people who tell the reason why they can't keep or rescue a stray cat by the rule. I am eager to let landlords and management companies know that acceptance of keeping a pet means to save a life.


This photo was taken on 31 August 2012, Tokyo, Japan. ©Naoto Shinkai

一人が一匹を救う、という考え


 私たち一般市民は、野良猫の問題をNPOのような活動団体任せにしがちである。かく言う僕も過去に3回、3つの活動団体に野良猫を救出してもらえないか尋ねたことがある。しかしそれらは、詳細を伝える以前にすべて断られた。しかし考えてみれば、彼らに無制限に野良猫を救出することを期待するほうが間違っている。1人が1匹の野良猫を救うほうが、1つの活動団体が100匹の猫を救うよりも健全だとも言える。私たち市民は自分たちでできることをするべきなのだ。

僕は、一度に何匹もの野良猫を救出することは勧めない。複数の猫を飼育することは、飼い主が貧しくなったり、病気になったり、亡くなったときなどにはより深刻な問題になる。僕が考える理想は、一人一猫の救出である。この考えと活動が広まれば、野良猫は減るだろう。街に野良猫がいかに多いとはいえ、人の数ほどではないからである。

しかし、ここで私たち東京の市民は、東京の賃貸住宅の9割がペットの飼育を禁止している、という障壁に突き当たるのである。僕はこのルールを無視していいとは思わない。弱った生命を救うことを優先し、二度ルールを破ったことがあるが、今では残りの1割の部屋に引っ越している。しかし、この社会傾向はやはり転換されるべきである。猫を飼えない・救えない理由に、このルールを挙げる人は少なくない。大家さんや管理会社の人たちには、ペットの飼育を許可することは、生命を救う行為でもある、ということをぜひとも知ってもらいたい。


2012年8月31日 東京都内にて撮影 ©Naoto Shinkai

2016年4月24日日曜日

Increasing of stray cats caused by media


The media, mainly publishers in Japan, often introduce stray cats as free, funny, cute animals living in outdoors. When a publisher features about stray cats in the magazine, they write a title of the article like, ‘Happy cat town of Tokyo,’ ‘Paradise island of cats,’ ‘Joyous encounter with alley cats.’ And plenty of photo books distribute happy looking images of stray cats to people.

I went to a cat photo exhibition before. A jumping cat was on the poster and the flyer. The photo seemed amazing. The tail was held vertically against the blue sky. Nevertheless, I couldn't help but feel uncomfortable in the face. The eyes weren't animated. I didn't know if the cat had jumped pleasantly. Meanwhile, people smiled at the sketchy impression.

It was a great experience, which hanging around in a town to encounter a stray cat, meeting a cat who looks happy, taking some photos, sharing on the internet with cat lovers. However, I gradually became to feel bad. I knew that there are more pitiful stray cats than happy those. When I took ten stray cat photos, I would hide seven miserable cats in my storage then three happy-looking cats would be introduced. It made me feel like I was betraying most of them. I began to think I should take photos which represent them.

I had been taking stray cat photos for six years. Then a conclusion came out. It was an unexpected idea of which all cats shouldn't be in outdoors. They should better relax in a human house. I learned this truth from a sick old cat who was rescued by me.

Some of the people, who feed stray cats or wild birds, are trying to make an ideal circumstance for human and animal coexistence. But this is a wrong idea. All the cities consist of exclusive ways for animals. Asphalt and concrete don't resolve animal excrement. Cat is a non-wildlife animal selected and evolved by human beings. The brain keeps infancy even when the body has grown up. The fact of stray cats is just lost infants who are living in outdoors.

The municipal governments of Japan must have been culling tens of thousands of stray cats every year for more than four decades. The fact exists behind the culture of uncritical admiration of stray cats. Media still contributes to making such a sad culture.

*I post this image of a stray cat leaping downward, as a metaphor of their lives.


This photo was taken on 10 February 2013, Tokyo, Japan. ©Naoto Shinkai

野良猫を増やしかねないメディア


日本のメディア──特に出版社は、しばしば野良猫のことを、屋外で暮らす、自由で・楽しい・可愛い動物というように紹介する。雑誌が猫特集を組むときには、次のようなタイトルの記事を書く。『東京のしあわせな猫町』『猫たちの楽園島』『楽しい外猫めぐり』。また、数多くの写真集によって、幸福な野良猫というイメージが大量に流布される。

ある猫写真展に行ったとき、ポスターとチラシで使用されていた写真は、飛んでいる猫だった。その写真は、一見すると素晴らしい。尻尾は垂直に立ち、背景は青空である。しかし僕は、猫の顔に違和感を覚えた。目に生気がないのだ。この猫は楽しい気分で飛んでいるのだろうか、と僕は不安になった。けれど、人々は大ざっぱな印象に笑むのである。

猫を探して町を歩き、幸福そうな猫に出会い、撮影し、その写真を猫好きな人たちとシェアするのは楽しい。しかし僕は、それが段々と苦痛になった。幸福な猫よりも、気の毒な猫のほうが明らかに多いからである。撮影した10匹のうち見映えの悪い7匹をお蔵入りにして、残りの3匹を写真共有サイトにアップロードする、というような行為は、野良猫たち全体を裏切っているような気がした。僕は、彼らを代弁するような写真が撮れないかを考えるようになった。

6年間、野良猫の撮影をして、僕はひとつの結論にたどり着いた。それは、自分でも思いもよらぬものだった。猫は路上にいるべきではない、というのがそれである。猫はすべて、人の家の中でぬくぬくしているべき生き物なのである。僕はこのことを、街路で拾った老猫から教わった。

野良猫や小鳥に餌やりをする人の中には、人間と動物が共生する理想像を求めている人がいる。しかし、これは間違っている。街は、動物を排する様式で作られているからだ。アスファルトとコンクリートは、動物の糞尿を分解しない。猫は、人間が選別・育種した非野生動物で、その脳は、体が成熟しても幼児のままである。路上暮らしをしている迷子の幼児、というのが野良猫の実態なのだ。

日本の自治体は、40年以上にわたり、毎年何万という野良猫を殺処分してこなければならなかった。野良猫を手放しに賛美してきた風潮の裏には、このような事実がある。その風潮を作るのに、メディアは今も一役買っている。

※この野良猫が下降している写真は、彼らの生き様の暗喩として載せる。
 

2013年2月10日 東京都内にて撮影 ©Naoto Shinkai

2016年3月22日火曜日

Stray kittens who have a distrust of humans


Infant stray cats born in outdoors become distrustful for humans so quickly. In many cases, their mother has been given foods by humans, but most of the people who feed stray cats are not to touch a stray cat. Stray kittens see that scenes and grow without expectations of human love.

A lot of people who feed stray cats scatter foods on the asphalt same as to pigeons. The fact which makes the issue complicated is they have no experience to keep a cat. They don't see a cat like their baby. After scattering foods, they would be satisfied and leave hurriedly. They don't care if some cats have health problems or why the other cats didn't come over the day. They also don't pick up leftovers, so they become rotten on the asphalt, and the neighbors get angry.

We tend to assume that a cat lover is humane and a cat hater is inhumane. A person who feeds stray cats looks kind and a person, who puts up a notice which says not to feed stray cats, looks cold-blooded. But this is a prejudice.

People who don't like stray cats only hate the unhygienic environment and a foul smell. Most cats don't have body odor. The people to think the smell of cat excreta is cat smell isn't fewer. This may be responsible for people who feed stray cats. They only give foods in passing by. Then the neighbors have to clean up the excreta.

Sadly, the anger of neighbors, who live around the feeding place, often targets stray cats, not for humans. They often make a loud sound with foot pounding or hitting something to drive the stray cats away. Recently, you can see the equipment of ultrasonic deterrent where stray cats live. Through their experiences, infants become more distrustful for humans. So it becomes harder to rescue them.

Some infant stray cats often show curiosity a bit for a person who tries to help them. However, they never cross over the boundary where the hands reach them. Most of them die before they grow up, or caught for culling by a municipal government. Some of them, who fortunately survive, would come to the end of short life in solitary without the trust of humans.


This photo was taken on 17 May 2013, Tokyo, Japan. ©Naoto Shinkai


人間不信の野良の仔猫


路地で生まれた幼猫は、すぐに人間不信に陥る。彼らの母親はたいてい人から餌をもらっているが、多くの餌やり人は猫に触れようとしない。それを見て育つ幼猫は、人に愛情を感じなくなる。

多くの餌やり人が、鳩に餌を撒くように、アスファルトの上へ餌を撒く。問題を難しくしているのは、彼らの多くが猫を飼ったことがない、という事実である。彼らは、猫を我が子のようには見ない。餌を撒いて野良猫を集めると満足し、そそくさと立ち去る。猫たちが健康上の問題を抱えていないか、餌を食べに現れない猫がいないかどうか、確かめることもしない。食べ残しを回収することもないので、それらは路上で腐り、近隣の反感を買う。

私たちは、猫好きであることは人間的で、猫嫌いであることは非人間的だと決めつけがちである。野良猫に餌を与える人はやさしく見え、野良猫に餌を与えないで下さいという貼り紙をする人は冷たい人に見える。しかし、これは偏見である。

野良猫を嫌う人たちは、ほとんどの場合、単に不衛生な環境や悪臭を嫌うのである。猫にはほとんど体臭がない。排泄物のにおいを猫のにおいと勘違いしている人は少なくないが、これは通りすがりに餌を与えるだけで、排泄物の始末をよその家に押しつけている餌やり人たちのせいでもある。

悲しいことに、餌やり場の近隣の人たちの怒りの矛先はしばしば、人ではなく猫に向かう。足を踏み鳴らしたり、何かを叩いて大きな音を出し、猫を追い払おうとする。近頃では、野良猫の住む界隈に、超音波の撃退機器まで見られるようになった。これらの経験を通じて、幼猫はますます人間不信になり、保護が難しくなる。

手を差し延べようとする人に好奇心を示すけれど、その手の届かない範囲までしか近づこうとしない幼猫は多い。彼らの多くは成猫になる前に死んでしまうか、自治体の駆除対象となる。運良く生き延びた猫たちも、人を信頼することなく、その多くは孤独のなか短い生涯を終えるのである。


2013年5月17日 東京都内にて撮影 ©Naoto Shinkai

2016年3月15日火曜日

Stop buying a cat from a pet store, but pick up from the outdoors


While I had been taking stray cat photos enthusiastically for six years in all, 1996 - 1997 and 2012 - 2015, I often found a stray cat who must have been a pet store.

Their lives in the outdoors are much harder than ordinary stray cats. Especially, long-haired cats are suffering. They can't keep their fur clean or remove fleas by themselves. They need grooming by a human. And the summer temperature and humidity in Tokyo are both extremely high.

Their ex-keeper might haven't expected that the kitten will grow up and become an adult when they bought them in the pet store. The average life span of house cats is over 15 years old. When you buy a pet, you should imagine the future after years, which should be your present age plus the average life span of the animal. If you have a baby cat when you are 25 years old, you must maintain the responsibility at least until when you become 40 years old.

I've been thinking through my stray cat photography of what entices a keeper to abandon their cat in the outdoors. When a keeper is about to abandon a cat, they might think that their cat would be happy where people feed stray cats every day. Should be criticized is who abandons a cat. However, encourage to abandon a cat is who feeds stray cats. Most of the places where they feed are where cats abandoned.

Please think of this issue before going to a pet store. If you want a cat, you can find it in a street or an alley. Though every stray cat isn't friendly, it is possible to rescue a stray cat when you can touch the cat. Now is the time to feed a stray cat when you decide to rescue and keep the cat. If you don't like an ordinary stray cat, you should give up to have a cat. You may not a cat-lover in nature.

Picking up a stray cat from the outdoors might cost to cure some disease. But it is more worth money to spend than a price tag of a pet store.


This photo was taken on 7 July 2013, Tokyo, Japan. ©Naoto Shinkai

ペットショップで買うのではなく、路上の猫を拾おう


僕が熱心に野良猫の写真を撮っていた6年間──1996年から1997年と2012年から2015年の間、しばしばペットショップ出身に違いない野良猫たちと出会った。

彼らの路上生活は、普通の野良猫たちよりもさらに過酷なものになる。とりわけ人の手によるグルーミングが必要な長毛種の猫は苦しんでいる。彼らは、自分で毛並みを清潔にしたりノミを取ったりすることができない。東京の夏の気温と湿度は、彼らには極限まで高い。

彼らの以前の飼い主は、ペットショップで仔猫を買うときに、その子が成長して成猫になることを予想できなかったのだろう。しかし、飼い猫の平均寿命は15歳を超えるのである。ペットを買うときには「あなたの現在の年齢」+「そのペットの平均寿命」の未来を想像してほしい。25歳で猫を飼い始めるということは、少なくとも40歳になるまではその子の世話を続ける義務がある、ということなのだ。

僕は野良猫の撮影を通じて、猫を路上に捨てる人の背中を押すのは何か、をずっと考えてきた。まさに猫を捨てようとするとき、彼らはこう考えるのではないか。『野良猫がたくさんいる場所がある。毎日のように餌をあげている人たちもいる。この猫もそこで幸せになるだろう』 責められるべきは、捨てる人間である。しかし、餌やりの人たちの存在が、捨て猫を助長するのである。実際に、餌やり場の多くが、猫捨て場になっている。

ペットショップへ行く前に考えてほしいことがある。もし猫が欲しいのなら、路上で見つけることができる、ということである。すべての野良猫が人に好意的というわけではないが、触れることのできる猫なら可能性はある。拾って飼うと決めた時こそ、野良猫に餌を与えるべき時なのだ。平凡な野良猫は嫌いだと言う人は、本質的に猫好きではないのだから、猫を飼うことをあきらめた方がいい。

路上から野良猫を拾うとなると、最初に病気の治療費がかかるだろう。しかし、そこで支払われる金額は、ペットショップの値札に記載されている金額よりも価値があると、僕は思う。


2013年7月7日 東京都内にて撮影  ©Naoto Shinkai